実績

すしが楽しい字源・語源

書道家の著者による寿司屋で見かける“魚偏”の漢字の成り立ちや意味、寿司の深い歴史や文化なども、わかりやすく丁寧に解いた書。一般の読者にも興味深い内容となっている。

著者名
原田幹久
本体価格
1,800円(税抜)
発行年月日
2019年5月1日
判型/ページ数
A5判/184ページ

お問い合わせへ

NKCのサービス