キャスティング

弊社は、元大手教科書会社大阪書籍の100%子会社として創業しましたが、現在では、親会社が1世紀にわたり蓄積してきたネットワークやノウハウを受け継いでいます。
現役の小学校の教諭から、大学の教授や学識研究者、しかも文化・芸術・スポーツなどのすべてのジャンルに幅広く精通したキャスティングができることを強みとしています。

NKCのキャスティング事業は大きく3つに分類されます

1)副読本や広報物を制作する場合の、監修者や執筆者の選定

2)イベントやセミナー・講演を開催する際のブッキング業務

2008年にプロモーションコンサルティング会社と資本提携

キャスティングの幅が拡張

3)プロスポーツ選手や制作プロダクションとのコーディネイト

NKCのキャスティングの特長

弊社ができて、他社にはできない、特長を紹介します。

特長1)出演者や執筆者との “直接交渉” をします!
一般的にキャスティング専業会社や広告・企画会社でも、キャスティング業務は行われていますが、出演者や執筆者との直接の面識があることは少ないのが現実です。あくまで代理業務として、30~50%程度の手数料が上乗せされているというのが一般的です。
弊社では、ほとんどの場合、出演者や執筆者との直接交渉のため、良心的な費用でのご提案が可能です。
特長2)社会貢献色の強いキャスティングは、コスト面で有利!
キャスティングの際のテーマが、教育や環境・防災・食育といった、社会貢献色が強い場合や、対象が子どもや学生である場合は、出演費用を通常より抑えることができます。弊社はその交渉をいたします。
特長3)子どもや子育てママ、アクティブシニア向けイベントのキャスティングに強み!
弊社では、少子高齢化社会に対応した、子育てママやアクティブシニア向けの学習型イベントやセミナーの企画・運営などを、独自の学識者ネットワークを活用してご提案しています。
特長4)NKCのキャスティングは、「ネームバリュー」より「クオリティバリュー」
最近の講演会やワークショップでは、単に「著名人」や、いわゆる「大物」が来るからというだけでは、参加者は反応しなくなりました。それよりも、文化やノウハウの満足感を求める人が確実に増えています。

最も得意とする4つのキャスティング分野

あらゆるジャンルに対応できる弊社ですが、より得意にしているキャスティングの分野があります。

食育関連
弊社では、「食育基本法」の制定以来、 “食育” のプロフェッショナルとして、様々なイベントや著作物の企画に携わり、その間のブレーンは学識者をはじめ、フードコーディネーターやテーブルコーディネーターなど多岐に及びます。
防災関連
大手エネルギー会社とのタイアップ事業や阪神淡路大震災をきっかけに、 “防災教育” には20年以上携わっています。子どもから大人まで、各世代に向けた防災教育に関連したキャスティングはお任せください。
音楽関連
弊社では、幅広い音大のネットワークがあります。各種クラッシック音楽を中心に、ジャズやミュージカルの企画などもいたします。またオープンスペースや祝賀会の音楽イベントなどの開催に向けたキャスティングにもきめ細かく対応します。
アスリート関連(野球)
プロ・アマを問わず、野球に関わるキャスティングに強みがあります。また、全国に向けて、元プロ野球選手やコーチを、野球教室や講演会に派遣することを得意としています。

特に「子育て」「食育」テーマのキャスティングは、NKCの出番!

弊社のキャスティングは、主に普段からお付き合いのある、大学や学識者、その他プロのアスリートですから、クライアントの細かなニーズやスケジュールを出演者本人にダイレクトに伝えることができ、マネジメントの観点からも安心いただけるといえます。
また、一般的なキャスティング費用より、リーズナブルに抑えることで、イベントやセミナーなどの主催者の満足度はもとより、参加者にもその恩恵がもたされると考えています。それは、さらに、広報物やイベント事業の達成感や継続性への役に立つと思います。
最近の社会動向では、子育てや食育のテーマが目立ってきましたが、このようなテーマのキャスティングこそNKCの出番だと自負しております。